非合法ドラッグ
キメセクネット

覚醒剤・幻覚剤・合成麻薬・大麻…ダメ?絶対?

ヘロイン

ヘロインとは

ヘロイン (heroin, diamorphine) は、アヘンに含まれるモルヒネから作られる麻薬。塩酸モルヒネを無水酢酸で処理し、生成する。正式には、3,6-ジアセチルモルヒネ (3,6-diacetylmorphine)。化学式は、C21H23NO5。CAS登録番号は、561-27-3。 依存性の極めて強い麻薬であり、日本国内では麻薬及び向精神薬取締法によって、その製造・所持・医療目的を含め、規制対象となっている。現存するあらゆる薬物の中で「快」の面でも「悪」の面でも最も高峰に位置するものとして、「薬物の王者」(The king of drug) の代名詞を持つ。

ヘロインの作用

経験者の多くが挙げるのが、まずもってこの上ないと言われる多幸感である。その使用法は主に、鼻からの摂取、経口摂取、そして静脈への注射という3種であるが、様々な点においてこれらの中でも特に重視されるのが静脈への注射による摂取である。静脈注射によって摂取した直後から数分間にわたって続く「ラッシュ」と呼ばれる強烈な快感は何物にも代えがたいものと言われ、時には『オーガズムの数万倍の快感を伴う射精を全身の隅々の細胞で行っているような』と、また時には『人間の経験しうるあらゆる状態の中で、ほかの如何なるものをもってしても得られない最高の状態』などと表現される。常態の人間が一生のうちに体感し得る全ての「快感」の合計を上回る快感を瞬時に得ることに等しいと云われるその快楽度の強さ、そしてそこから生ずる至福感は、しばしば「約束された安堵」などと表現されてきた。

ヘロインの禁断症状

ヘロインはその使用者に対して肉体面での依存症と精神面での依存症の両方を形成する。その肉体面における依存、いわゆる禁断症状としては、身体中の関節に走る激痛、小風に撫でられただけで素肌に走る激痛、体温の調節機能に生じる狂いによる激暑と酷寒の体感の数秒ごとの循環、身体中に湧き上がる強烈な不快感と倦怠感、などが挙げられる。こうした一連の症状は「地獄そのもの以外の何でもない」などと表現される苛烈なもので、この禁断症状を指していう「コールド・ターキー」というスラングが生まれた。なおこのスラングは1969年に歌手のジョン・レノンが発表した楽曲 "Cold Turkey"によって世界的に有名になった。レノンはこの曲を通して薬物の禁断症状の恐ろしさを世に知らしめようとしたつもりだったが、ドラッグ・ソングと誤解を受け放送禁止にした放送局もあったという。

ヘロインの歴史

ロンドン・セントメアリー病院医学校のアルダー・ライトによって1874年に調合され、ドイツのバイエル社から鎮咳薬として1898年に発売された。当初は経口投与が一般的であり、モルヒネよりも依存性は低いと考えられていたが、注射器による投与が広まると、単純にモルヒネよりも脂溶性が高かったため、多く脳に取り込まれ、強烈な麻薬作用を引き起こすことが判明し、各国にて相次いで厳しく規制されることとなった。

ヘロインの逮捕者

  • カルメンマキ(歌手)
  • 南正人(歌手)

非合法ドラッグ一覧に戻る

ニューヨークキャンディ

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用

キメセクネットMENU