ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

ASKA 過去の奇妙な″症状”が発覚

ASKA 過去の奇妙な″症状”が発覚

覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で起訴された歌手のASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)の更生を待つ「CHAGE and ASKA」の“相棒”Chage(56)が20日、自身のブログを更新。9月に行うライブツアーの新バンド名が「1/6」(ワン・スラッシュ・シックス)に決まったと発表した。

Chageは「まぁ~右脳的に考えたこととは言え、誕生日が1月6日であることも要素のひとつでもありますが、大事なことは(中略)皆さんに愛されるバンド名となりますように」と意気込みをつづっているが、そうしたなか、ASKAが奇妙な“症状”を示していたことがわかった。

当時を知る音楽関係者がこう振り返る。

「一昨年ぐらいかな。アルバムやシングルなどの収録時、ASKAは高級ホテルからスタジオに来るんだけど、一向に部屋から出てこないことが多かった。出てきたと思ったら目がうつろで…。調子が悪いと来なかった時もあった。部屋に女がいたと聞いたこともあったし、周囲はほとほと困っていた。昔はそんなことなかったし、今思えば、クスリをやりながらセックスしていたのかもしれない」

ホテルの部屋で一緒にいた女は、ASKA被告と一緒に逮捕され、覚醒剤取締法違反(使用)罪で起訴された知人の栩内(とちない)香澄美被告(37)と思われる。

「昔のASKAは時間厳守で、むしろ時間にルーズなスタッフを注意するほどだった。やはりだんだんとクスリにやられて、仕事より快楽を優先するようになったとしか…。ただ、スタッフは誰もASKAのそんな姿勢を注意することはできなかった。ASKAのサボリはエスカレートする一方でした」(同)

ファンが気になるのはいつから使用したか。前出の関係者によれば、1990年代の「SAY YES」「YAH YAH YAH」時代は真面目な仕事ぶりで悪評はなかったというが…。

via – Yahoo News

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用