ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

2週間余りで9人の死亡者を出した、強力な危険ドラッグ『ハートショット』 とは

2週間余りで9人の死亡者を出した、強力な危険ドラッグ『ハートショット』 とは

危険ドラッグが原因で死亡したとみられる人が全国で相次いでいますが、先月中旬からの2週間余りで、9人が死亡したとみられる強力な危険ドラッグが出回っていることが分かりました。実態を独自に追跡しました。

東京にある危険ドラッグの販売店。客の間で、ある商品が話題になっていました。

「死人出てるから。こっち(心臓)にくるみたい。店の人に聞いても全部捨てたという話もある。危なすぎて」(危険ドラッグ販売店の常連客)

心臓にきて危な過ぎるというその商品。「ハートショット」と呼ばれる危険ドラッグなのです。ハートを射貫くイラストが特徴的なパッケージです。この「ハートショット」という危険ドラッグによって死者が相次いでいることが、警察庁による調べで分かりました。

宮城県仙台市にある会社の寮。この部屋で先月22日、53歳の男性が死亡しているのが見つかりました。遺体のそばには、使用済みの「ハートショット」のパッケージが残っていました。

「肺が痛いからハーブやめる」(死亡した男性のノート)

殴り書きのように書かれた字。これは亡くなった53歳の男性が書いたノートです。ノートには危険ドラッグの商品名が書かれています。

その中に、「即」、「持」などの文字に加え、様々な数字が。速効性があるか、持続性があるかなど効果を試していたのでしょうか。部屋のテーブルの上には、数種類の危険ドラッグや吸引パイプが散乱していて、その中に「ハートショット」もあったということです。

東京・板橋区のマンションでも先月27日、32歳の無職の男性が浴室で裸のまま死亡しているのが見つかりました。警視庁によりますと、死後半月ほど経っていて、部屋には、封を開けた「ハートショット」があったといいます。

こうしたケースを含め、今月1日までの17日間に1都4県で20代から50代の男性9人が「ハートショット」を吸引して死亡したと見られることが分かりました。2日に1人が死亡している計算です。

「ハートショット」は、4000円前後で売られていて、レッドとブラック、ゴールドの3種類ありますが、死者が出ているのはレッドとブラックだといいます。どんな危険ドラッグなのでしょうか。

「(Q.ハートショットを探しているが?)今ないんじゃないですか。いろいろな所、問題ばかりと聞いている。
(Q.効果がきつい?)きついというより、意識失っちゃう」(危険ドラッグ販売店の関係者)

「ハートショット」を分析した薬物の専門家は・・・

「この製品は麻薬より強力な作用を有するものではないかと明らかになってきた」(国立精神・神経医療研究センター 依存性薬物研究室 舩田正彦 室長)

専門家によりますと、「ハートショット」は厚生労働省が指定する麻薬の成分に加え、その作用が2倍以上だといいます。

16日、渋谷の繁華街で危険ドラッグを吸引し、救急搬送される男性。全国で危険ドラッグによる事件や事故が相次いでいることから、警察庁が危険ドラッグを吸引したことが原因で死亡したと見られるケースを調べたところ、今年に入り全国で74人に上っていることが分かりました。中でも、特に「ハートショット」によるものと見られる死者が最近、急増していることから、警察庁は「吸引すると死亡する可能性がある」として、厚生労働省に情報提供をするとともに、全国の警察に取り締まりを強化するよう呼びかけています。

via – TBS NEWS i

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用