ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

「覚醒剤バカ売れ」の異常事態 危険ドラッグが強力すぎて…

「覚醒剤バカ売れ」の異常事態  危険ドラッグが強力すぎて…

「最近の危険ドラッグの作用があまりにも強すぎるため、捜査員の間では『シャブの方がまだマシだ』なんて悪い冗談が飛び交うほど。“バッドトリップ”した人は覚醒剤の比じゃないくらい大暴れするので、取り押さえるのにもひと苦労だそうです」(捜査事情通)

警察庁のまとめによると、危険ドラッグによる死者は今年1~9月で74人に上り、昨年1年間の9人からすでに8倍増だ。死者の中に交通事故は含まれず、ほとんどは急性中毒などの健康被害で死亡しているという。

ハートショット」と呼ばれるドラッグは特に危険で、先月中旬から2週間余りで、9人の死亡が確認されている。2日に1人のペースで死亡している計算だ。文字通り“危険”なドラッグが世間にあふれ返っているのだが、そのせいで「逆にまた覚醒剤が売れ始めている」(前出の捜査事情通)というから、どうしようもない。

「かつての脱法ドラッグは価格が安いことで人気でしたが、次から次へと新しい商品が出回り、売人ですら『どんな副作用があるか分からない』『怖くて手が出せない』などと話しています。売り手も買い手も『覚醒剤の方が安心』と訳の分からないことを言い出し始めているんです」(警察関係者)

実際、警察庁の調べでは、今年1~9月の覚醒剤の検挙件数は、6068人(前年同期5846人)に上り、昨年まで続いていた減少傾向から増加に転じている。犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこう話す。

「危険ドラッグの取り締まりは日に日に厳しくなるばかりで、暴力団もシノギ(収入)にならないと見切り始めている。昔から扱いに慣れている覚醒剤に“回帰”する動きになっています。最近は価格も1~2割ほど上がってきていて、需要が増えているようです」

危険ドラッグが危ないから覚醒剤……。薬のせいで頭のネジが飛んでしまっているようだ。

via – livedoor NEWS

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用