ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

シアトルで高まる「マリフアナ観光」熱

xo1n6lkm

米ワシントン州シアトルで嗜好用マリフアナ(乾燥大麻)使用を合法化する法律が制定された米ワシントン州で、今年12月の解禁をにらんで「マリフアナ観光」への期待が高まっている。 同州では既に医療用大麻が合法化されており、昨年11月には嗜好用マリフアナ解禁を定めた法律が成立した。ただし米連邦法では依然としてマリフアナの栽培や販売、保持が禁止されており、米政府がワシントン州の法律の無効を求めて提訴する可能性もある。 それでもマリフアナ観光ビジネスの経済効果に対する期待は高まる一方だ。州が契約したコンサルタントは、マリフアナの販売によって州は年間1億8000万ドル(約177億円)の税収を見込めると試算した。 ワシントン州の21歳以上の住民は現在、1オンス(約28グラム)以下の大麻、1ポンド(約450グラム)以下の「固形マリフアナ添加製品」(ピーナツバ ター味ブラウニーなど)、72オンス(約2キログラム)以下のマリフアナ添加飲料(緑茶味のスムージーなど)を保持できる。ただしシアトル警察のガイド ブックにもある通り、公共の場でのマリフアナ使用は依然として禁止されている。 マリフアナの売買は、州の酒類規制委員会が免許などの制度を確立するのを待って、今年12月から解禁される。車を運転する場合の許容量も定められ、警察は マリフアナの向精神成分であるTHCの血中濃度が一定量を超えた運転者を逮捕できる。また、連邦法で禁止されていることに照らして警察は、「連邦裁判所な ど連邦機関の施設には大麻を持ち込むべきではない」とも注意を促す。 反対派は、シアトルやデンバーでマリフアナ観光が盛んになれば、市のイメージ低下や不法行為の横行を招くと危惧する。一方で起業家は、このチャンスを逃すまいと躍起だ。 シアトルの弁護士事務所に所属するヒラリー・ブリッケン弁護士のもとには、ビジネスモデルの確立や法的問題のクリアに向けた相談が相次ぐ。ゲーム喫茶、大 麻カフェ、マリファナを持ち込んで専門家の助言が受けられるバーといったアイデアのほか、マリフアナを使ったアダルト製品開発について助言を求めてきたア ダルト関連企業もあるという。 さらにはワイナリー観光と同様に、大麻畑ツアーやオーガニック大麻農場ツアーなどの構想を描く起業家もいる。現在は医療用大麻に限定されている大麻栽培農家も、新規顧客の開拓に期待を寄せる。 シアトル地域では少なくとも2件のバーが、大麻の持ち込みを認める会員制のクラブを開設した。医療用大麻関連の免許を持ち、大麻製品のベーカリーを営むク リストファー・ラセック氏は、マリフアナ入りブラウニーやクッキーといった製品を患者向けに販売しており、新しい法律によって観光客にもこうした製品を販売できるようになると大きな期待を寄せる。 観光客のためにはガイドブックも必要だ。スマートフォン向けに医療用大麻を処方する薬局の案内アプリを提供しているシアトルの新興企業リーフライのブレンダン・ケネディ最高経営責任者(CEO)は、グルメガイドのマリフアナ版発行に意気込みを見せている。

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用