ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

『ブレイキング・バッド』“ウォルター・ホワイト” の素顔に迫る” Part2! ハイゼンベルグは実在した科学者だった / ウォルターが劇中で殺した人数は198人!!

『ブレイキング・バッド』“ウォルター・ホワイト” の素顔に迫るPart2!! 「テレビドラマをアートに変えた俳優8人」に選出!_l

気弱で真面目な化学教師ウォルター・ホワイトが、余命宣告されたことで一念発起!! 愛する家族に財産を残したい一心で、専門知識を駆使して高純度ドラッグを生み出した彼が、麻薬の世界で君臨するようになる異色作『ブレイキング・バッド』。
前回のPart1では、ウォルター演じるブライアン・クランストンの人物像にスポットライトを当ててみたが、今回は、本シリーズにおけるウォルターにまつわるエピソードを取り上げることにした。それでは、麻薬の世界でハイゼンベルグと名乗るようになった、2つの顔を持つウォルターの素顔に迫ってみたい。
・ハイゼンベルグは実在した科学者だった!
高純度スーパードラッグ “ブルーメス” を生み出したウォルターは、ドラッグをストリートでさばくためにギャングやマフィアと取引するように。その際、彼は裏世界で使う通称として「ハイゼンベルグ」という名を選ぶ。
ハイゼンベルグは、ノーベル賞を受賞したドイツ人物理学者 “ヴェルナー・ハイゼンベルク” から由来していて、彼も癌を宣告されたという共通点を持っている。
ウォルターは大学卒業後、親友エリオットと「グレイマター社」を設立するものの、個人的な理由で会社を離れて高校教師に。その後、会社はウォルターの研究成果をもとに急成長を遂げ、莫大な利益を生み出す。ウォルター自らがノーベル賞受賞科学者ハイゼンベルグと名乗ったのは、”自分が歩んでいたかもしれない人生” に思いを馳せたからかもしれない。
・ウォルターの容姿や服装を決めたのはブライアン
癌を宣告された後、治療の化学療法で髪が抜け始めたウォルターは、髪の毛を全て剃り落とす。そして治療の結果、末期癌を克服し髪の毛が元に戻っていたにもかかわらず、彼は髪を剃り続けた。
この決断を下したのは演じるブライアンで、「ウォルターはハイゼンベルグとして生きることに決めて、違う生き方を選んだんだ」と、その理由を語っている。このほかにも、ハイゼンベルグのトレードマークとなった黒の帽子など、服装のほとんどをコーディーネートしたのも彼なのだそうだ。
・ウォルターが殺害した人数は198人!!
化学の知識を駆使してスーパードラッグを生み出したものの、麻薬取引に関してはズブの素人なうえ気弱な性格も手伝い、シーズン1ではオロオロと危なっかしかったウォルター。
暴力にも否定的だった彼が、シーズンを重ねるうちにダークサイドに引きずり込まれて行く姿は、余りにも壮絶だった。殺人に恐喝、強盗といったあらゆる犯罪に手を染めることをいとわなくなったウォルターが、シリーズ中で殺害した人数はなんと198人!!
全編を通して殺害されたのが計270人であることを思えば、どれだけ温厚だったウォルターが、変貌してしまったかが分かるのではないだろうか。
・50歳の誕生日に始まり52歳の誕生日で果てる
本作のストーリーはウォルターの50歳の誕生日からスタートし、彼が52歳の誕生日に息絶えるまでの2年間が描かれる。
50歳になるまで親友エリオットの成功を横目に、安月給で働き続けたウォルター。家族愛に突き動かされたとはいえ、犯罪に手を染めた彼の行為は許されるものではないが、それでも彼の動機は理解できてしまう。そんな善か悪か、黒か白か判断がつけ難いウォルターの人生は、彼が設立した “グレイマター社” を象徴する灰色に染まっていたように思う。
・肺癌を克服するも、肺に被弾し息絶える
もともと末期の肺癌を宣告されたことがきっかけで、莫大な医療費や息子の大学進学費、そして生まれてくる娘の養育費を捻出するために、ドラッグ精製に乗り出したウォルター。治療を経てなんとか肺癌を克服するも、結局は、右肺に撃ち込まれた銃弾が原因で息絶えるという、皮肉な結末を迎えた。
・ウォルター・ホワイトという人物がメスの取引で逮捕される!
2013年に米アラバマ州で、ウォルター・ホワイトという実在する男が麻薬メタンフェタミンの取引で逮捕され、懲役12年の刑を食らっている。彼は “The Real Walter White:本物のウォルター・ホワイト” という名誉ある(?)ニックネームを頂戴した。このほか、名前は違うが癌を宣告された化学教師が、メス精製に手を染めて逮捕された事件もいくつか報告されている。
世界中で社会現象まで巻き起こす大ヒットを記録したシリーズが、シーズン5という早い段階で幕を閉じるなど、米ドラマ界では稀である。だが、人気絶頂のうちにストーリーに幕を閉じる清さも、『ブレイキング・バッド』の魅力のひとつではないだろうか。
本作は全62話で完結しているが、化学の元素記号の62番目はサマリウムで、これは癌の痛み止めとして使われる物質である。最後の最後まで、視聴者の潜在意識にまで訴えかける小技を効かせた『ブレイキング・バッド』は、間違いなく米ドラマ史上に名を刻む最高傑作である。

via ロケットニュース24

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用