ドラッグ関連NEWS
キメセクネット

巷で話題のドラッグ関連NEWSはこちらでCHECK!!

  • 合法ドラッグ
  • 漢方deキメセク
  • 女性専用超媚薬
  • 精神トリップ薬
  • 早漏克服!超ロングプレイ
  • 特大ペニスで突きまくれ!
  • 性感染症対策
  • 超お得!ドラッグセット!
  • 非合法ドラッグ
  • How to キメセク
  • ドラッグ系関連News
  • キメセク動画

世界中に蔓延るドラッグニュースを集めました。
合法ドラッグ・非合法ドラッグ・危険ドラッグなどの
最新情報はここでチェック!!毎日更新中!!

ASKA覚醒剤逮捕 “異次元レベル”の挙動不審

aska

“万里の河”の向こう岸に行ってしまったのか。歌手のASKA容疑者(58=本名・宮崎重明)が28日、また覚醒剤使用容疑で警視庁に逮捕された。一昨年9月に所持と使用の罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、覚醒剤を断つべく療養していたはずが、なぜだ?

「ASKAは先週25日夜7時ごろ、『盗撮されている』と110番通報。警察官が目黒区内にあるASKA宅を訪ねたら、『盗撮』という話だったはずが、『盗聴』や『監視』などと意味不明なことをいろいろまくし立てたそうです。明らかに挙動不審だったので尿検査をした結果、シャブの陽性反応が出たというわけです」(捜査事情通)

■幻の「告白本」も支離滅裂

ASKAは28日付の自身のブログで、〈(陽性は)100%ない〉と全面否認。〈アカウントを乗っ取られ〉たせいでネットもメールもできなくなり、犯人も特定できていたので警察に通報した。〈幻聴、幻覚など、まったくない〉などと意外と冷静に反論していたが、盗撮や盗聴といった被害妄想は覚醒剤の後遺症や、覚醒剤使用の典型的な“症状”とされる。ASKAの“症状”は、少なくとも今年1月から始まっていた。

「ASKAが妻の洋子さんにも内緒で1月に立ち上げたブログに、盗聴グループにつけ狙われているなどと書き込み、周囲の人間はヒヤヒヤし通しだったんです。困った家族は今年2月から約4カ月間、ASKAを“医療保護入院”させたそうです。法律に基づく措置入院の一種ですが、6月中旬に退院後も、“症状”はあまり改善しなかったらしい。告白本を出版する話もあったんですが、『僕は(シャブを)やっていない』などと書いた内容が支離滅裂だったのでお蔵入りになった。その後は自宅で、洋子さんがつきっきりで面倒を見ていると聞いていたのですが……」(関係者)

近隣に住む中年男性はこう話す。

「(ASKAの)保釈後は、奥さんが車で出かける姿を見かける程度で、お子さんも家には寄りついていないようです。近所付き合いもなくなりましたが、今年の夏に一度だけ、ASKAさんがひとりで近所を歩いているのを見かけました。表情など変わった様子はありませんでしたが、暑いのにジャケットを着て“正装”していたのが印象に残っています」

妻の支えもむなしく、執行猶予中に再犯。問題はASKAがどうやって再び覚醒剤を入手したのか、だ。

「ASKAは入手ルートを全面自供せず、残しておいた可能性が高い。ブツは郵送、カネはネットで払うという手もある。そもそもASKAは妻の言うことも聞かず好き勝手に出歩いていたようです」(前出の捜査事情通)

再起までどれだけ待てばいいのですか?

via – niftyNEWS

タグ:

コメントを残す

※スパム防止のため以下の空欄に数字を入力してから送信ボタンを押してください

ニューヨークキャンディ

ブログ記事検索

NEW キメセクアイテム

エムスマートプラス

ニュースカテゴリ

最新ニュース

大人気キメセクアイテム

キメセクアイテムNYC Pink

キメセクアイテム龍覇王(りゅうはおう)

キメセクアイテムプライムモンスター

キメセクアイテムレビトラ(Levitra)

キメセクアイテムロイヤルハニー 女性用